給湯器の交換なら工事費と本体価格が込みのプランを選ぼう

給湯器

温かいお湯を供給

男性

給湯器には殿下製品同様に寿命が存在しています。給湯器の平均的な寿命は大体10年前後と言われています。ですがあくまでも目安になるので使い方次第ではもっと早く使えなくなってしまう事もあります。給湯器が使えなくなった場合には修理を行うか買い替えるか選ぶ事になります。給湯器を交換する場合は壊れた部品の取り換えを行っていきますが、10年近く使った給湯器であれば様々な部品が劣化している可能性もあり修理費が高くなる事もあります。その為給湯器を買い替える方が結果的に安くなる事もあります。給湯器を修理するのか交換するのか迷った場合は一度専門業者に修理の依頼を行い見積もりを立ててみましょう。もし修理費が給湯器購入よりも高い料金になった場合には買い替えを行う方が良いでしょう。

給湯器にはエコ機能を備えている物もあります。深夜の時間帯を利用し熱を蓄える機能や、家庭で作った電気を利用しお湯を温める機能があります。エコ機能が備わっている給湯器を設置すると光熱費を安く抑える事が出来ます。さらにエコ機能を備えた給湯器を設置すると国からの補助金がおりる場合あります。補助金の対象になる給湯器が知りたい場合には給湯器メーカーやガス会社に問い合わせてみましょう。補助金の申請は工事を行う前にする必要があるので忘れずに行いましょう。先着順申請を受け付けているので申請にもれる事もあります。申請が通れば工事を行い、完了後から1か月以内に工事の完了報告を行いましょう。