MENU

聴力の低下が気になったら

補聴器

聞こえない事を我慢しない

視力が低下するとメガネをかけますが、それと同じように聴力が低下したら補聴器をつけるといいでしょう。聴力が低下すると相手が話している事が聞き取りにくくなり、自分の声も聞き取りにくくなりなるため、声が大きくなってしまいます。そうなるとコミュニケーションが取りにくくなってしまいますが、補聴器をつけると事で家族や友達と良好なコミュニケーションを取るができます。聴力の低下によって聞き返しが増え、人と話す事が面倒になり家にこもりがちになりますが、補聴器をつける事で自分に自信が持てるので趣味や活動の幅が広がります。スポーツをするのが趣味の方は汗で補聴器が壊れないか気になりますが、近年のものは汗に強いものや防水機能がついたものがあります。このような補聴器なら、スポーツを楽しむことも温泉を楽しむこともできます。聴力の低下は高齢者だけではなく、働き世代でも感じる人は多くいます。電話や大事な会議に時に聞こえないという事は大問題なので、そんな時にも補聴器が大活躍してくれます。最近の補聴器はとっても小さく、耳の穴にすっぽり入って目立たないものもあり、誰にも気づかれません。また、補聴器をつけているのが気になる場合には、必要な時だけつける事も可能です。補聴器には大きくて分けて、耳かけ型、耳あな型、ポケット型の3種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。補聴器を選ぶ時には自分の耳の状態や、生活習慣に合ったものを選びましょう。補聴器はインターネットなどでも購入できますが、自分に合ったものを使用しなければ余計に耳が悪くなる恐れがあります。耳鼻科では補聴器を作ってもらうことができるので、必ず自分に合っている補聴器を使用しましょう。

Copyright© 2018 音の聞こえずらさを補聴器で改善【生活の不安を解消しよう】 All Rights Reserved.